プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

個人情報の取扱いについて基本的考え方

霧島法務会計事務所(以下「当事務所」といいいます。)では、霧島法務会計事務所ウェブサイト(https://www.kirishimalaf.com以下のディレクトリ。以下「当サイト」といいます。)において提供するサービス(ウェブサイトによる情報提供、各種お問い合わせ等の受付、メールニュースの配信等)の円滑な運営に必要な範囲で、当サイトを利用される皆様の情報及び個人情報(以下「情報等」といいいます。)を収集しています。収集した情報等は利用目的の範囲内で適切に取り扱います。
当サイトは、当サイトにおける個人情報の取り扱いに関し、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいいます。)及び関係法令を遵守するとともに、以下のとおりプライバシーポリシーを定め、その適切な取り扱いに努めてまいります。なお本文における、「個人情報」、「保有個人データ」の各用語の定義については、個人情報保護法の定めに従います。

1 情報等の範囲
当サイトは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用し、インターネットドメイン名、IPアドレス、サイト内検索のクエリ情報、その他サイトの閲覧等に係る情報を自動的に収集します。なお、トラフィックデータの収集のためのクッキー(サーバ側で利用者を識別するために、サーバから利用者のブラウザに送信され、利用者のコンピュータに蓄積させる情報)は、使い勝手の向上を目的とする内容に限定するものであり、匿名で収集され、個人情報は一切含みません。また、この機能はクッキーを無効にすることで収集を拒否することもできます。当サイトは、スパム・荒らし等への対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録する場合があります。
お問い合わせ等の受付を行うメールフォームのご利用にあたっては、利用目的の達成に必要な範囲で、適法かつ適正な手段により、個人情報としてお名前、ご住所、電話番号、メールアドレス等(以下「利用者属性」という。)の記入をお願いし取得します。

2 利用目的
当サイトが自動的に収集する情報を、提供するサービスを円滑に実施するために利用します。
個人情報である利用者属性は、お問い合わせ等の回答や確認の連絡及びニュースレター配信など当サイトが提供するサービスの遂行のために利用します。
その他、当サイトの目的に付随又は関連する目的のために利用します。

3 個人情報の目的外利用及び第三者提供の制限
当事務所は、法令に基づく開示要請があった場合、不正アクセス、脅迫等の違法行為があった場合、別途利用目的をご本人に通知又は公表している場合、ご本人の同意がある場合、その他特別の理由がある場合を除き、収集した情報等を利用目的以外の目的のために自ら利用し、又は第三者に提供いたしません。

4 個人情報の安全確保措置の実施
当事務所は、収集した情報等の漏えい、滅失又は棄損を防止するため、適切な管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

5 適用範囲
本プライバシーポリシーは、当サイトにおいてのみ適用されます。

6 保有個人情報の開示、訂正、利用停止等の請求
当事務所は、当サイトが有する保有個人データについて、個人情報保護法に基づく開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止又は利用目的の通知にかかるご本人又は代理人の方からのご請求があった場合には、ご請求頂いた方がご本人又は代理権限をお持ちの方であることを確認のうえ、個人情報保護法に従い、適切に対応いたします。詳しくは、以下のお問い合わせ窓口までご連絡ください。

7 個人情報に関するお問い合わせ窓口
当サイトの個人情報の取り扱いに関するご意見、ご質問、開示等のご請求、苦情のお申し出、その他個人情報の取り扱いに関するお問い合わせの窓口は、当事務所(電話:0995-73-7707 なお、お電話の受付時間は、平日午前11:00~午後2:00及び午後3:00~午後7:00とさせていただきます。)といたします。当事務局は、当サイトの個人情報の取り扱いについて苦情のお申し出を受けた場合は、適切かつ迅速に対応いたします。

8 本プライバシーポリシーの変更
当サイトは、法令等の定めがある場合を除き、必要に応じて、本プライバシーポリシーを随時変更することができるものとします。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

霧島法務会計事務所 情報セキュリティ方針

情報セキュリティ基本方針

霧島法務会計事務所(以下「当事務所」といいいます。)は、情報セキュリティに関する基本的な取り組みを策定し、本方針とします。
本方針は、当事務所の情報資産を重要な資産とし、故意や偶然という区別に関係なく、改ざん、破壊、漏洩等から保護されるよう管理策をまとめたものです。
本方針により当事務所の情報資産を利用する関係者全てが当組織における情報セキュリティの重要性を理解し、本方針を遵守することで情報セキュリティを確保し事業を推進していくことを目的とします。

1 情報セキュリティ管理規則の策定及び継続的改善
当事務所は、情報セキュリティの取り組みを、経営並びに事業における重要課題のひとつと認識し、法令及びその他の規範に準拠・適合した情報セキュリティ管理規則を策定します。加えて組織的、人的、物理的及び技術的な情報セキュリティを維持し、継続的に改善していきます。

2 情報資産の保護と継続的管理
当事務所は、当事務所の扱う情報資産の機密性、完全性及び可用性に対する脅威から情報資産を適切に保護するため、安全な管理策を講じます。また、事業継続のために、適切な管理措置を講じます。

3 法令・規範の遵守
当事務所は、情報セキュリティに関する法令及びその他の規範を遵守します。また、当事務所の情報セキュリティ管理規則を、これらの法令及びその他の規範に適合させます。また、本方針の内容を適宜見直し、その改善に努めます。

4 教育・訓練
当事務所は、情報セキュリティの意識向上を図るとともに、情報セキュリティに関する教育・訓練を行います。

5 事故発生予防と発生時の対応
当事務所は、情報セキュリティ事故の防止に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。